NOVICE 1st PLACE 
『パキラ』【 DDFAM 】




NOVICE 2nd PLACE 
『JAMBUDDY』【 MIYAKO JUMP ROPE CLUB 】




NOVICE 3rd PLACE
『SOLEIL』【 ダブルダッチスクールクローバー 】





ADVANCED 1st PLACE
『Buzz』【 MIYAKO JUMP ROPE CLUB 】




ADVANCED 2nd PLACE
『BRASH×BRUSH』【 MIYAKO JUMP ROPE CLUB 】




ADVANCED 3rd PLACE
『High-F』【 MIYAKO JUMP ROPE CLUB 】





DAICHI(YUTTY KINGDOM. / DAICHI+t.taishi+YO-TA+MARI+natsumi)【技術力】
本大会に参加された皆様、本当にお疲れ様でした。

JAPANへの出場権を獲得して歓喜している人、負けて悔しい思いから脱せない人、たくさんの感情が取り巻いていると思いますが、それは皆さんが大会に向けて取り組んできた結果です。結果を残せた人は、それ相応の努力をしてきたはずです。結果を残せなかった人は、結果を得るためにまだまだ尽力する必要があったということです。しっかりと受け止めてください。そして、もっともっと素敵なパフォーマーになってください。

前置きが長くなりましたが、本大会を通して、私は技術力を審査させて頂きました。審査基準としては、技の質であったり、縄の扱い方であったり、全体的なダブルダッチの熟練度のことを指すと思って頂ければ結構かと思います。もちろん、縄の中で行われている技が審査対象となりますので、ダブルダッチしていない技については、採点対象外としました。

本大会で高得点をつけたチームは、NOVICE部門は『パキラ』、ADVANCED部門は『Buzz』『BRASHxBRUSH』 でしたが、これらのチームはパフォーマンス中にいっぱいいっぱいになることなく、余裕感のあるパフォーマンスを展開していました。

今回の大会を通してもっと気になったこと、それは「自分たちのレベルに合ったパフォーマンス」をしているチームが非常に少なかったことです。大会本番前の緊張や不安、パフォーマンス中の焦りなど、いつもの練習とは違う要素が大会本番にはたくさん含まれています。この環境の中、自分たちの100%を出し切ることはとても難しいことです。(正直、私も本番前は緊張して大変なことになってます笑)この中で、100%出し切らないと成功しないような技をパフォーマンスに入れていた場合、その成功率は極端に低くなります。ダブルダッチはミスがわかりやすいスポーツ、ましてや、大会で結果を残したいのであれば、ミスは少なくすべきです。そしてなにより、パフォーマンスは人に見せるもの、見てもらうものですので、ミスしないことは至極当たり前のことです。

やりたい技があるなら、その技を7割ほどの力でもこなせるくらいの技術力を身につけてください。これは、パフォーマンス中の余裕感にもつながりますし、落ち着いてパフォーマンスできるようになることはとてもメリットのあることです。その為には、もっともっと、練習が必要です。デモの中に技を入れて満足、1回か2回その技が通れば満足、という考えを持っていたら全く成長しません。逆にこの考えをしっかりと持って練習に臨めれば、技術レベルは飛躍的に上がるでしょう。そうすることで、可能性も広がるし、よりダブルダッチを楽しむことができるようになると思います。

いろいろと書いてきましたが、ダブルダッチは練習してなんぼのスポーツと思ってます。上手くなる為にはダブルダッチを好きになることが一番の近道です。練習はしんどいと思いますが、みなさんにはずっとダブルダッチを好きでいてほしいなと思っています。その気持ちは忘れないでいてください。
 
MAO(MUTANTT)【表現力】
選手の皆さん、スタッフの皆さん、応援に来られた方々、本当に1日おつかれさまでした。

私がどのように表現力の点数をつけたかをお話ししようと思うのですが、まず始めに、私は言葉の表現がとても苦手です。拙い文章になりますが一生懸命考えたので、読んで下さい。

私は、そもそも「表現」とは、「自分の思想や感情を何らかの形で目に見えるようにすること」だと思ってます。
今回はダブルダッチの大会なので、ダブルダッチを通して、よりよくそれらが感じられる人やチームに高い点数をつけたくなりました。
ただ、パフォーマンスはチーム競技なので、1人がうまく自分を表現できていても、他の人がその世界観を壊してしまったり、チームとしての統一感がなくなったりしてしまうと、デモを通しての表現の見え方は変わってしまいます。
なので結果として、チームで統一した世界観を持ちつつ、メンバー1人1人の思想や生き様が伝わるチームが高得点に繋がりました。

具体例として挙げたいのが、NOVICE部門では「パキラ」、ADVANCED部門では「Buzz」です。

「パキラ」はステージに立ったその瞬間に会場を惹きつけ、味方にしてしまう魅力がありました。キッズ大会でありがちな“やらされてる感”を感じさせず、デモを通してメンバー全員が、心の底からパフォーマンスをすることに喜びや楽しさを感じているように映りました。きっと生粋のパフォーマー集団なのでしょう。
「Buzz」は、ストレートで正直な表現に心を動かされました。1人1人からそれぞれのダブルダッチ観を感じます。個々が主張しつつ、それでいてお互いを尊重し合う表現が印象的です。JAPANでも自信を持って、思う存分、内から湧き上がるものをぶつけて来て欲しいですね。

自分の経験したこと、触れたこと、感じたことしか表現はできないと思っています。
だからこそ、ダブルダッチに限らずいろんな経験を通して、自分の得意なことや好きなことを知ってほしいし、感じてほしいです。
そしてそれをぜひ、ダブルダッチのステージで表現してほしいなと思います。
 
YOSSY(戎)【構成力】
まず最初に、ディライトに向けて皆さんが作り上げたパフォーマンス全てに多大なる熱意を受け取りとても感動しました。そして子供達が見せる悔し涙や嬉し涙にはこれからのダブルダッチシーンを担っていくパワーを感じました。選手の皆さんそしてコーチの皆さん保護者の皆さん本当にお疲れ様でした!

今年は構成力の審査を見させて頂きました、以下に部門ごとに分けて総評を書きますが
その前に僕がパフォーマンスの構成と審査に関して思う事をいくつか挙げますのでぜひルールに書いてある審査基準を頭に入れて読んで頂ければ幸いです。

[起承転結]
よく物語には起承転結があるというのは皆さんも聞いたことがあると思いますが、これがまずしっかり作れているかどうか。ダブルダッチに置き換えると

『起』
観客の目や耳を惹き付けるような音の導入・人の配置・インパクト・縄が回るタイミング・縄に人が入るタイミングの演出。

『承』
更に高揚感やこれからのパフォーマンスに期待感を持たせるような演出
観客に自分達のパフォーマンスの世界観をすんなり理解させのめり込ませる人と縄の動きの癖・統一感

『転』
世界観を理解し、慣れてきた目や耳に再度刺激を与えるような音質・テンポの変化、人と縄の動きの高低と速度の変化(いずれも世界観を崩さず)
良い意味での観客への裏切り

『結』
以上3つを行なった上で培われた緊張感・高揚感・フラストレーションを発散させるような演出、伏線の回収
パフォーマンスの世界観を象徴とさせるような演出・終わり方

細かくはもっとあると思いますが最低限ここまで出来ているチームであれば上位に並ぶ点数をつけています(出来てないチームの方が多いですが)。
そしてこれらの中に人の配置や舞台の使い方や動きのスムーズさに違和感や無駄を感じるところが無いか、むしろ思考と動きに熟練度を感じる美しさになっているかが重要になってきます。
更に僕の想像を超える構成・曲編をしていたチームには加点できるよう少し余裕を持たせた点数のつけ方をしています。

[曲編]
パフォーマンスの良し悪しは曲編が完了した時点で7割くらい決まっていると僕は思っているんですが
・上に書いた起承転結に沿った曲の編集になっているか
・違和感を感じるような無理な編集になっていないか(明らかに無理に鳴っている楽器・声・曲の種類が変わる、テンポの変化に意図が感じられない等)
・音質は悪くないか
・曲全体を通して世界観があり一曲として再び完成されているか
曲編に関してはこれくらい出来てると相対的にパフォーマンスも良くなるので高得点をつけたチームが多かったと思います。
以上をふまえて部門ごとに書きます。

【NOVICE部門】
ダブルダッチディライトの部門の中では体格と運動能力がまだまだ劣る年齢層の部門である中で構成をいかに練るか?というのがこの部門の難しいところかなと思いますがそれを曲編とジャンプスキル・ダンスでうまくカバーしていたのが『パキラ』と『JUMBUDDY』でした。
特に『パキラ』は頭一つ抜きん出てパフォーマンスにプロ意識を感じました。
キッズのパフォーマンスを作るときは恐らく指導者の助けが多く入ると思いますが(イメージです。違ったらすいません)、それによって起こる意識のズレや動きのズレ、いわゆる「やらされてる感」が全くなく曲やフリの意図を見事に汲んでパフォーマンスしていたように見えました。
ラストのポーズなんかは前半に一度やっていることが良い効果を生んでるのもあって観客に『パキラ』というチームを象徴とさせる良い印象を与えています。
得点の低いチームは以上のことがもう少し足りていないと感じました。とはいえここ3年間でこんなにも印象に残るチームが多かったのも初めてで、全チームしっかり勝ちに来ているなと感心しました。

【ADVANCED部門】
上位チームに関してはほとんど一般・オープンと変わらないスキルを見せてくれたんじゃかと思います。
NOVICEと比べると指導者の手を離れる部分が増え、自分達のパフォーマンスを作り始める時期かなと思いますが、明らかに『Buzz』『BRASH×BRUSH』は、チームとして全員が見えているものと方向ががかなり高い水準にあるなと感動しました。次いで『Ris@r』が得点を与えるに相応しい印象と感じました。
『Buzz』に関しては見ている途中から見終わった後まで爽快感があり、彼・彼女達の意図したパフォーマンスに気持ちよく乗ることが私自身できました。
今回避けられない問題として「構成とミス」についてですが、当たり前ですが全て通ることを前提に曲を編集・技の構成を考えることがほとんどですので、ミスをしてしまうとどういう構成だったのかこの曲編は何を意図していたのかが観客としても審査員としても汲み取れません。
やはりダブルダッチにおいてミスというのはどの部分にも響いてくる厄介なものです。リスク管理というのは永遠の課題であり『High-F』がかなり良い例かと思います。
全体として気になったことが一つあったのが、少しその曲は難易度高くないか?って所なんですがやはりまだまだ未熟なところが多い分、すごく音を余していたりその曲の雰囲気を出せてないと悪目立ちします。自分達の実力相応な曲編をすることも、構成点を上げる大事なことだと思います。
 
GASSAI(SPAS-12 CREW) 【オリジナル】
皆さん、お疲れ様でした。
年々キッズチームのレベルが上がっていることに驚いており、嬉しくも思っています。
また、JAPANに出場できるチーム、惜しくもできなかったチーム関係なく、今回の総評で何かを感じて頂ければ幸いです。

今回、私が高得点を付けたチームは
「NOVICE」…パキラ、JAMBUDDY
「ADVANCED」…BRASH×BRUSH、Buzz
です。

出演したチーム全てが「規定技、新技、流行技」を織り交ぜパフォーマンスをしていました。
やはり流行技のロープトリックに関してはハイリスクな部分もあり、何も出来ずに終わってしまうチームが見受けられました。
流行技を取り入れるのも勝敗を分けるポイントではありますが、チームのレベルに見合った技を取り入れるべきだと思います。

上記チームにあってはそれを熟練させ、独自の「間」で表現し、オリジナリティの向上に努めてパフォーマンスをしていました。
尚且つ、独自で考えたムーブ等には自信が見られ、より磨きがかかった様に感じました。

彼等には強く目指す同じ目標があるからこそ、「人を魅了する表現力」が生まれ、その上で
・独創的な表現方法
・統一間のあるダンス
・連続アクロバット
・独特なスピードステップ
等を自分達の色に染め、表現できているのだと感じました。
ただ、やりたいが為にやるのではなく、観客等を魅了するために
・構成や曲の流れに沿ったコンセプトのあるパフォーマンスをしているか
・音を感じ取り、他のプレイヤーが想像し得ない表現をしているか
・オリジナルムーブの使用箇所
等を考えてパフォーマンスをしているかが、今回の勝敗のポイントでした。

キッズのみんなには、もっとダブルダッチを好きになってもらいたいです。
その為にも、現在ダブルダッチプレイヤーとして活躍している憧れの先輩とコミュニケーションを取って、技術や考え方をレクチャーしてもらい、そのプレイヤーを追い抜く気持ちでしっかりと楽しんで練習してください。
GOTXUZA(YABAI de Boys) 【完成度】
まずは今大会に関わってくださった皆様、長丁場でしたがありがとうございました。当たり前ですが本気で審査しましたので真面目に総評させていただきます。
〔NOVICE部門〕
気になったのは使う縄です。いつも慣れ親しんでいるものが良いのかもしれませんが、自分の身の丈に合ったものを使えば、もっともっと縄が扱いやすくなって良い演技やミスの軽減につがったんじゃないのかなと、、、これは教えている先生・親御さん共に悩みどころではあるとは思いますが、1度考えてもらいたいなといつも思っていたのでこの場を借りてお伝えさせていただきます。
あとはまだまだ単純に練習不足!跳び方回し方も統一できていない、背伸びしたパフォーマンスで自滅しているのではないかなと思うシーンも多くありました。個人でスキルアップ→チームで共有 しっかりしてください。

良かったチームは、ダントツで「パキラ」でしたね。2位との差も大きく開いています。僕が感じた熟練度の部分(ジャンパースキル、ターナースキルの)では他のチームと大差ありませんが、演技の安定感・動きの統一感・ミスの少なさ・全体を通してのパフォーマンスとしての完成度は群を抜いていたので高得点をつけました。審査項目にも上記を中心に審査すると記載がございますがしっかり抑えにきていました。

〔ADVANCED部門〕
上位チームと下位チームに差がありすぎるなと感じました。わかりやすく言うと「作ってもらったデモ」と「自分達で考えたデモ」です。それがほんまは違うねん!自分らでも考えてん!って思ってたとしても僕には伝わってこなかったです。自分で意識できているのと言われてこなしているのでは全く変わってきます。完成度には直結しますので今一度考えてみてください。
これまた良かったチームは、優勝した「Buzz」。高得点をつけたのはここだけですね。ミスが少なかったのはもちろんですが本当に熟練されたパフォーマンスで安心して見ていられました。

ネクストヒーローズの総評は以上とさせていただきますがDELIGHT WEST オープンと一般部門での総評も是非見てください。
まだまだ成長し続けるみなさんを見たいです!関西盛り上げていきましょう!
2018年 7月 16日(月)17:00 ~ 7月27日(金)17:00


発表予定から遅れてしまいましたこと、お詫び申し上げます。大変申し訳ございません。
12:00 開場
13:00 開演
13:25 1部パフォーマンス 〈 Next Heroes West 〉
14:35 休憩
14:50 2部パフォーマンス 〈 一般部門 / OPEN部門 〉
16:50 Next Heroes West 結果発表
17:15 休憩
17:30 3部パフォーマンス 〈 OPEN部門 〉
19:30 GUEST SHOW
19:40 休憩
20:00 結果発表
20:30 終演

2018年 7月 16日(月)10:00 ~ 8月 17日(金)15:00まで
大人 前売り券 ¥2,500 当日券 ¥3,000
小人 前売り券 ¥2,000 当日券 ¥2,500
池田市民文化会館
〒563-0031
大阪府池田市天神1-7-1
TEL:072-761-8811
アクセス
GASSAI(SPAS-12 CREW)
・DOUBLE DUTCH NIGHT VOL.3 第3位/VOL.12 準優勝
・2009年 DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN VOL.8 3位
・2010年 DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN VOL.9 優勝
・2010年 THE GOLD〜king of double dutch〜  優勝
・2013年 DOUBLE DUTCH SUMMER FESTA 優勝
DAICHI(YUTTY KINGDOM. / DAICHI+t.taishi+YO-TA+MARI+natsumi)
・2013年 Double Dutch Delight West & South GUEST SHOW出演
・2014年 Double Dutch Contest World GUEST SHOW出演
・2017年 Double Dutch Contest World 準優勝
・2018年 Double Dutch Contest World 準優勝
・DOUBLE DUTCH ONE’S 2015-2017 FINALIST
MAO(MUTANTT)
・2014年 2015年  DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 出場
・2014年 Double Dutch Delight West 2014 一般部門 優勝
・2014年 Double Dutch Delight Japan 2014 一般部門 優勝
・2016年 Double Dutch Delight West / South 2016 ゲストショー出演
YOSSY(戎)
・2012年 Double Dutch Deligh Japan 2012 準優勝
・2012年 NDDL「Holiday Classic」 優勝
・2013年 2016年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 3位
・2014年 WORLD JUMP ROPE 2014 JAPAN SELECTION シニア部門総合優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH SUMMER FESTA 2017 3位
GOTXUZA(YABAI de Boys)
・2013年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2013 3位
・2013年 Double Dutch Delight West 2013 オープン部門 優勝
・2013年 Double Dutch Delight Japan 2013 オープン部門2位
・2013年 NDDL「Holiday Classic」優勝
・2014年 World Jump Rope 2014 総合優勝
MC Uryna(NEWTRAD)

プロダブルダッチチーム「NEWTRAD」のメンバーでMCを務めるUryna!パワフルさと関西弁のノリの良さを持ちながら、英語も話せる多様さで、会場を盛り上げる!

■AN REAL
異色メンバー6人で構成されたチーム。彼らにしか出せないノリとgrooveで会場を巻き込む。

STR (NEWTRAD)
MAXIMA (NEWTRAD)
SHOICHI (浪速連合参謀本部突撃部隊)
YUTO (浪速連合参謀本部突撃部隊)
HIDE (YABAI de Boys)
PAPASSAI (SPAS-12 CREW)





NOVICE 1st PLACE 
『GLARE』【 MNG (Ja☆p Steady Fam) 】




NOVICE 2nd PLACE 
『SHINY∞BRIGHT』【 中央区立有馬小学校 Jump Jump ARIMA 】




NOVICE 3rd PLACE
『LUCY』【 ZERO-ONE 】





ADVANCED 1st PLACE
『Rush∞Jack』【 中央区立日本橋中学校 】




ADVANCED 2nd PLACE
『Little Dynamite』【 藤一ダブルダッチサークル 】




ADVANCED 3rd PLACE
『ROJER』【 ZERO-ONE 】





KO-YA(REGSTYLE)【 技術力 】
出場された選手のみなさんお疲れ様でした!また応援されていた皆さん、最後までご声援ありがとうございました!今回も技術力を審査させていただきました!今年は全体的にレベルが上がってきていることと、チームのカラーがはっきりしていて、見ている自分たちも楽しませていただきました!
【高得点だったチーム】
〈NOVICE部門〉
  SHINY∞BRIGHT、GLERE、FEAST、continue、TOP SNIPER、Lokahi、LUCY、BRIGHT☆BURST
〈ADVANCED部門〉
  Pawn、Little Queen、STAR SMILE☆、跳Eru-dore、ROJER、Little Dynamite

でした!
点数が高いチームの今回の特徴としては、
①ロープスキルのアレンジ
②音を視覚で魅せれるジャンパースキル、
の2つがはっきりと印象に残ってきています!

①に関してはアクロバットやスピードの時のロープアレンジができていたチームは、他のチームとの技術の差を感じました!普通に乱れないベーシックロープを回して通し切るのは、もう当たり前になってきている時代で、色んな回し方、そして音に合わせた強弱をロープでも魅せつけられていたチームは見ていて凄かったです!
②に関しては、様々なニュアンスがある音に対して身体や表情で、そのニュアンスに合わせた動きを習得できているジャンパーは見ていて気持ちが良かったです!

上位チームと下位チームとの差はアレンジがあったかどうかだと思います!上位に入れなかったチームは普通に回す、普通にジャンプする場面が少し多く感じました!パフォーマンスを完成して練習していく中で、もう一度パフォーマンスを見直して、「ここはただ普通にジャンプするだけになっちゃっているな」という場面や、「ここのロープは少しベーシックだけでなくアレンジが入れられるかも」といった+αを付け足せる箇所をみつけて、アレンジの作業を繰り返していくと、自然と技術力も向上し、高得点獲得に繋がると思います!!

またさらに新しいロープのアレンジや、ロープ内での様々なニュアンスを魅せれるジャンパーの動きに今後も期待したいです!
Japan 大会へ出場するチームは、勝ち上がれなかったたくさんのチームの代表となるので、悔いを残さないよう思う存分楽しんでパフォーマンスしてNYへの切符をつかんでほしいです。ありがとうございました!
 
MAYU(Mrs.DOUBLE DUTCH)【表現力】
Double Dutch Delight Next Heroes East 2018に関わった全ての方々、1日本当にお疲れ様でした。私は表現力を審査させていただきました。
項目にもある通り、衣装やヘアメイクはもちろん、チームが伝えたい雰囲気や方向性の統一感、そしてそこにおける動きや表情のクオリティなどを審査しました。
ステージにあがり、一曲目が始まった瞬間からの顔つきや立ち居振る舞い、衣装やヘアメイクも含み、全員からかもし出される世界観が強いチームが、やはり得点を上げていく傾向にあると思いました。世界観のみでは得点は伸びきりませんが、必然的にそういったチームは【表現力】の項目を意識しているので、パフォーマンス中の動きの質も高く、ロープ外の動きやフォーメーションまでこだわったチームが多かったです。

逆に、自信のなさ・恥かしさなどが前に出てきてしまっているチームや、技を通すことだけに黙々と徹しているチームは、パフォーマンス中の表情の変化も少なく、動きが小さい・目線が常に下がっているなど、難しい技を通し切ったとしても、表現力の点数が伸びず、審査していても少し悔しい気持ちになりました。

今回の大会で『NOVICE部門』にて高得点を獲得したチームは、「GLARE」「FEAST」「SHINY∞BRIGHT」です。
特に「GLARE」は、ダンスの質も非常に高く、表情・オーラ、衣装や曲の融合により演技をさらに魅力的に魅せていました。女の子三人、ロープ外での動きを作れないことを考えれば難しさもあったはずですが、そんなことを全く感じさせない圧巻の演技でした。
「FEAST」「SHINY∞BRIGHT」も、メンバー全員の表情がはつらつとしていて、見ていて気持ちが良かった!スキがなく、パフォーマンスを引き立てる工夫が散りばめられていました。

続いて『ADVANCED部門』にて高得点を獲得したチームは、「Little Dynamite」「Little Queen」「Rush∞Jack」「BIRNENBERG」です。特に「Little Dynamite」は、動きや表情、身のこなし全てからチームの雰囲気がゾクゾク伝わって来て、会場の雰囲気をジャックするほどの強さがありました。「Little Queen」も今回入賞には至らなかったですが、間違いなく表現力においては高得点を獲得していました。全員の気持ちが動きに乗り、ミスは勿体無かったですが、最後まで強い気持ちで世界観を表現しきっていました。
「Rush∞Jack」「BIRNENBERG」も、それぞれの持つチームのカラーがしっかり光っていて、それに対する表現のレベルも高かったです。

それぞれのチームの個性があると思うので、その個性を大切にしつつ、パフォーマンスの中にひとつのコンセプトを設けるだけでも格段に見栄えが変わり、曲や衣装、動きやフォーメーションのアイデアも更に増えるかと思います。
細かいところまでひたすらに追求してみてください。それがステージの上で爆発した時に、見ている人の心をグッと掴むと思います!
 
DAISUKE(J-TRAP.)【構成力】
選手の皆さんお疲れ様でした!年々子供達のスキルが上がっていることに驚きを隠せませんでした!
今回【構成力】をジャッジさせて頂いたのですが、NOVICE部門では「SHINY∞BRIGHT 」「GLARE」「LUCY」「狛☆Min-Tina」、ADVANCED部門では「Rush∞Jack」「ROJER」「Little Dynamite」に高得点を付けました。

審査するポイントとして
1,OPとEDの演出
2,曲と演技が合っているか
3,技と技の繋がりがスムーズか
4,見せ場があり、デモにメリハリがあるか
5,ステージの使い方

大きくこの5つに分け審査したのですが、上位のチームが頭一つ飛び抜けているといった形になりました。その差が生まれたのが1項目目、4項目目でした。「OPで見ている人を引き込むものがあるか」「何を見せたいか」「そしてそれをどこでやるか」「ラストにダメ押しの盛り上がるものがあるか」
デモにメリハリがなく終始そのままのテンションのチームだったり、最初はよかったのに後半特に何もなく終わってしまうチームが多く、見ていて凄く盛り上がりずらいです。
上位に入賞したチームはそれがしっかり出来ていた上、曲にしっかり合わせ最後まで隙のない演技だった印象です。

また、全体的にミスが凄く目立っていました。やはりミスをしてしまうと、どんな技だったのかどんな見せ方だったのかが分からず審査することが出来ません。ミスする場所にもよるのですが、終盤の盛り上げるところでミスが連発してしまうと見てる人のテンションがかなり下がってしまいます。ここまでめっちゃよかったのに…、というチームも多かったです。ミスが分かりやすい競技なだけに評価をもらうにはミスしないことが大前提かと。

後は当日も言いましたが、もっとステージの前でパフォーマンスして欲しかったです…。せっかくの凄い技や通した後のポーズ、表情など、遠いとすごく勿体ないです。迫力も大分変わります。3倍やステップなどあまり場所を動かない技で自分達の見せ場であればあるほど、前でやるべきかなと思います。

構成力の高いデモは見ていてすごく楽しいし、わくわくします!チームでデモを見返して考えるだけでも伸びる要素だと思うので、上記項目などを気にして見てみて下さい!
 
TAISUKE(Waffle)【オリジナリティ】
選手の皆さんお疲れ様でした。
今回私は「オリジナリティ」の項目を担当しました。年々ターナースキル、ジャンパースキル共に、レベルが上がっており大人顔負けの演技を見させていただきました。大人のチームに比べて1つ1つのチームの色がはっきりしていた点がNext Heroesの良い所だなと改めて感じました。

昨年同様、今大会ではこれまでに行われていないスキルや表現方法をはっきり行っているチームはいなかった印象です。そこで審査項目の内容に書いてあるように「あまり行われていない…(以下略)」に注目して得点をつけていきました。高得点を付けたのは以下のチームです。

【NOVICE部門】
「continue(SDDC)」人数が多いと人が余るのが悪目立ちするなかで、それを見せずに全員が動いていました。そして3人でドンキー、ステップなど1人で縄に入っているチームが多い中、複数人での技を豊富に入れて特徴的でした。
「GLARE(Ja☆p Steady Fam)」子供とは思えない雰囲気が抜群に作れており、ダンスの上手さはもちろん、ロープトリック等のダブルダッチの部分もしっかり魅せれてチームカラーがでていました。

【ADVANCED部門】
「Rush∞Jack(中央区立日本橋中学校)」とにかくみんな動ける!!という印象でした。ただ技を入れるだけではなく1つ1つの技に対して縄の通し方や見せ方を工夫がされており、オリジナルのムーブが多かったです。
「Little Dynamite(藤一ダブルダッチサークル)最初の圧倒的なダンスから始まり、統一感のある動きは他のチームとは違うものでした。前回はダブルダッチ<ダンスのイメージが強かったですが今回は2つのバランスが良い印象でした。
「オリジナリティ」は審査項目の内容の通り、「いかに人がやっていない事、新しい事をやるか!!」の一言に尽きると思います。ただそれを実現するには基礎が出来ていないといけません。ロープトリック、ダンス、アクロ、ステップ、etc…。全てにおいて基礎練は時間がかかるし地味で楽しいものではありませんし、子供達にとっては1番苦痛の時間に感じると思います。しかし、入賞したチーム、高得点のチームは必ず基礎が出来ています。基礎が大事ということは皆さん分かりきっていると思いますが、実際に実行する事はなかなか難しいです…。
大会も終わり一区切りついたこの時間を使ってもう一度初心に戻り再確認してみてください!!
 
タク( 超三流 )【 完成度 】
公表されている完成度の審査項目に基づいて審査しました。
完成度の審査ではミス数も数えている為、特にロープに注目してパフォーマンスをみました。

最初に全体的な話を1つ。
一つのパフォーマンスとしての完成度を審査するという目線で見た時、「カウントを発声する行為」に対して感じることは、まだ音楽を表現することが難しいのかな、ということです。ミス後の立て直しの為等、不測の事態で必要な場面もあるかとは思います。ただし、それが常時、音楽の音量に負けないくらいの声量である必要があるのか疑問に思います。特に、音楽・衣装・表現する雰囲気が「カッコいいこと」を目指しているようなチームや、優勝を狙っているようなチームにはふさわしくないと思います。ステージ上の表現はすべてパフォーマンスですから。

話に出た音楽・衣装・表現する雰囲気に加えて、メンバーの個性とフィットしているチームは、パフォーマンスとしての完成度が高く感じます。これは背伸びしていないかとほぼ同義です。入賞しているチームは、ほぼ上記の要素がジャストフィットしていました。特に「パフォーマンスを通した演技の安定感」の部分で高い評価につながりました。

NEXT HEROESでは教えてくれるコーチや先生がいるチームが多いと思いますが、やりたいこととやれることにギャップがあるような、見ている人に「背伸び感」を感じさせないことがコーチに求められるものかなと思います。
もちろん自分たちだけで考えてるチームも、第三者的な目線から自分のチームを見直すことが、パフォーマンスの向上につながると思います。そしてダブルダッチデライトのような大会は他チームと優劣をつけるコンペティションなのを忘れずに。

入賞チーム以外で印象に残るところとしては、
月兎:緩い雰囲気とかわいさがまさにジャストフィット。
petit lapain:音楽の力と熱さが伝わってくるパフォーマンスに、見ていて鳥肌がたった。
BIRNENBERG:徹底した雰囲気づくりがGOOD。
狛鳳蝶:衣装が曲や演技やメンバーの個性をまとめていて、この日のベストドレッサー賞!

最後に、最も印象に残ったチームは「狛Zest」。このチームの特徴として感じたのは「音のニュアンスを縄で表現している」こと。この表現のバリエーションも豊富で、初見では何やったのかわからない部分もありました。
音楽と連携した視覚的なアイデアと、それを可能にするロープコントロール。多くのダッチャーに見てもらいたいパフォーマンスで、こんなのをやってみたかったと正直嫉妬した圧巻のパフォーマンスでした。
2018年 7月 2日(月)17:00 ~ 7月13日(金)17:00
エントリー受け付け終了致しました。

12:00 開場
13:00 開演
13:25 1部パフォーマンス 《 NOVICE部門 》
14:40 休憩
14:55 2部パフォーマンス 《 NOVICE部門 》
           《 ADVANCED部門 》
16:20 休憩
16:35 3部パフォーマンス  《 ADVANCED部門 》
17:55 GUEST SHOW
18:05 休憩
18:25 結果発表
19:00 終演

2018年 7月 2日(月)10:00 ~ 8月 2日(金)15:00まで
大人 前売り券 ¥2,000 当日券 ¥2,500
小人 前売り券 ¥1,500 当日券 ¥2,000
※指定席 前売り券+999円
※選手に配布される特典チケットに関しても、+999円お支払いただければ、指定席券に変更することも可能です。

「前売りチケット」「指定席チケット」が完売致しましたので、お申し込み受け付けを終了させて頂きます。
たくさんのお申込みいただき、誠にありがとうございます。
当日券の販売は、予定通り大会当日に会場入り口にて販売させていただきますが、販売開始時間に関しましては調整中でございますので、改めて大会オフィシャルホームページにて発表させていただきます。
恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。


【Double Dutch Delight Next Heroes East 2018 当日券販売詳細】
当日券を下記の通り販売させていただきます。

販売時間:8/19 11:00 販売開始
販売場所:エポックなかはら 入口当日券販売所
販売金額:大人 ¥2,500 / 小人 ¥2,000

※注意事項
・当日の混雑状況によって当日券販売をイベント閉演前に終了させていただくこともございます。恐れ入りますが予めご了承下さい。
・当日券をお求めの方以外に、チケットを既にお持ちの方が整列される列もございます。
 お並びの際、まずは「当日券販売」の列にお並び頂き、先にチケットをお求め頂きますようご注意ください。
・当日券をお求めの列にお並び頂く際は、関係者以外の方が通る公共の場所になりますので、
 スタッフの指示に従ってお並び頂きますようお願い致します。
エポックなかはら
〒211-0053
川崎市中原区上小田中6-22-5
TEL : 044-722-0185
アクセス
KO-YA(REGSTYLE)
・2015年 超DACE@HERO GRAND FINAL 優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN FINAL 2017 優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH CONTEST SHANGHAI 2017 優勝
・2017年 2018年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 優勝(2連覇)
DAISUKE(J-TRAP.)
・2011年 Double Dutch Contest World 2011 スピード部門 3位
・2014年 DOUBLE DUTCH CONTEST SHANGHAI 2017 パフォーマンス部門 特別賞 / スピード部門 1位
・2017年 DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN 2017 パフォーマンス部門2位
・2017〜2018年 Wintergarten (ドイツ)にて8ヶ月間ディナーショーに出演
MAYU(Mrs.DOUBLE DUTCH)
・2005年 NDDL「Holiday Classic」優勝
・2010年 DOUBLE DUTCH CONTEST BELGIUM 2010 準優勝
・2017年 Double Dutch Delight East 2017一般部門 優勝
・2017年 Double Dutch Delight Japan2017 一般部門 優勝
・2018年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2018 出場
TAISUKE(Waffle)
・2010年 NDDL「Holiday Classic」優勝
・2012年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2012 優勝
・2014年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2014 優勝
・2016年 DOUBLE DUTCH DELIGHT JAPAN 2016 一般部門優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH ONE'S 2016-2017 FINALIST
タク(超三流)
・2005年 ダブルダッチチャレンジinTOKYO ユーモア賞
・2009年 Duoble Dutch Delight EAST一般部門優勝
・2015年 World Jump rope over30 優勝
・2015年 JRSF全日本選手権中学生以上の部ダブルダッチ30秒スピード優勝
・judge:Duoble Dutch Contest Japan、Duoble Dutch Delight kids 他
YUI ( REGSTYLE ) 

ダブルダッチ界きっての“イケメン女子”として男性のみならず女性からも支持を集める、プロダブルダッチチーム"REGSTYLE"の紅一点 YUI !! ラジオパーソナリティーとしてレギュラー番組を務める他、様々なメディアにも出演しジャンルの壁を越え活躍の幅を広げ続けている。"Regale=おもてなし"を胸に皆さんに最高のマイクパフォーマンスをお届け!!

■eyesblack
小さな体からは想像できない、とてつもないパワーでHIP HOPを体現する、兄・Shutoと妹CocoaのHIO HOPユニット「eyesblack」。
キッズダンス日本一をかけた決勝大会「ALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTEST 2017 FINAL 」では、小学生部門 優勝という
日本一の栄冠に輝く偉業を成し遂げ、数々のダンスコンテストで高い評価を得るなどスターダンサーの階段を上り始めている!!
そんな二人が、「Double Dutch Delight Next Heroes East 2018」 にGUEST SHOWとして出演決定!!
同年代で日本一に輝いた二人の「パフォーマンス」を、キッズ・ティーン ダブルダッチャーにもぜひ目に焼き付けてもらいたい!!

出身地  : 東京都
メンバー : Shuto(兄,小6)
      Cocoa(妹,小4)
ジャンル : HIPHOP
主な経歴 : ALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTEST 2017 FINAL 小学生部門 優勝