1st PLACE 『GREIF』(日本体育大学 乱縄)



2nd PLACE 『孔雀』(日本体育大学 乱縄)



3rd PLACE 『吼凰華』(日本体育大学 乱縄)




4th PLACE 『D−fawkes』(日本体育大学 乱縄)



5th PLACE 『King DAT』(日本大学 D.S.P.)




一般 1st PLACE 『Call me a DIVA』(一般)





KO-YA(REGSTYLE)【 技術力 】
出場された選手のみなさんお疲れ様でした!
みなさんのDelightにかける熱い気持ちが伝わってくる大会でした!自分も学生の頃を思い出して心にグッとくる場面がありました! そして自分たちの頃よりも技術力が年々上がっているのも同時に感じました!

【高得点だったチーム】
〈一般部門〉 「Magic Eight.88」「Call me a DIVA」「HowZit?」「108MACHINE GUN」
〈OPEN部門〉 「D-fawkes」「孔雀」「吼凰華」「GREIF」

でした!今回の点数が高いチームの特徴としては、
【習得した技・動き+ひとクセ】だったと思います!
年々レベルがあがっているダブルダッチ業界で、今普通にただ音に合わせてSTEPやSPEEDを通したり、Acrobatを決めたりするだけでは会場は湧かない時代になってきています!
なのでこれからは、技や動きを一度習得してからが勝負というか、習得後からが勝ちに行くための本番がスタートするという気持ちを持つべき時代です!
きっと上位のチームは習得した技や、完成したパフォーマンスを何回も見直して、色んな映像をいっぱい見て研究して、「習得した技+自分なりのアレンジ」を見つけたのではないでしょうか?
それの今回わかりやすい例は「ラビット+自分なりのアレンジ」を見つけて入れてきた孔雀とKing DATのラビットを跳ぶ男の子たちだと思います!

技を習得して、ロープで跳べるようになったらオッケーではなく、「さぁここからどう自分なりのアレンジを加えようか」という気持ちを大事にしてほしいです!
そこまで詰めてきた人たちの頑張りは技術力が他の人達より一つ抜けてみえます!

なので、みなさん必ずJAPANを生で見に行って「技+アレンジ」を体感して下さい!
動画じゃ感じられないものがたくさんあります!
実際にこの人凄い!と思った人と会ったり話を聞かないと分からない事がたくさんあります!
みなさんの今の段階は悪くはないんです!
今、技を習得できてるからこそ、そのもう一つ先のレベルにいって欲しいです!
是非一歩を踏み出して技術をあげるアクションを起こして下さい!JAPANでお待ちしています!

そして、JAPAN出場をきめたみなさん楽しんでがんばって下さい!みなさんは一つ先のレベルにいった憧れの存在です!会場をどよめかすパフォーマンスを期待しています!
みんなで盛り上げて行きましょー!!!
 
MAYU(Mrs.DOUBLE DUTCH)【 表現力 】
Double Dutch Delight East 2018に携わった全ての皆様、1日お疲れ様でした!

私は、表現力の項目を審査させて頂きました。
EAST地区というハイレベルな戦いの中で重要視したのは、審査項目にもある通り「洗練されているか」という点です。衣装や曲、動き全体を通して、それらが考え抜かれ、磨き抜かれているかどうかが、大きなポイントとなりました。

まず、【一般部門】にて高得点を獲得したチームは、
「Call me a DIVA」「108MACHINE GUN」「HowZit?」「Magic Eight.88」です。
「Call me a DIVA」は、チームの一体感、そしてその動きや表情のクオリティの高さが抜群でした。最初から最後まで独自の世界観を魅せ切り、見ている人の心を引き込むパワーがありました!
「108MACHINE GUN」は、メンバーの動きに対するスキルの高さが光っていました。培ってきた経験から出る、余裕感と深みが表現に詰まっていて、思わずかっこいい!と唸ってしまいました。

続いて【OPEN部門】にて高得点を獲得したチームは、
「孔雀」「GREIF」「D-fawkes」です。
「孔雀」は、表情も動きも振り切れていて、爆発力がありました。メンバーそれぞれの持つ個性・魅力が詰まっていて、時に笑顔で明るく、時にグッと引き込むなど場面転換で表現が変わっていった点も、こだわりを感じました。
「GREIF」は、積み上げてきた自信と思いが表情や動きに乗り、勢い・力強さを感じました。ロープ外での動きもしっかりと作り込まれていて、スキを感じさせない圧巻の演技でした!

上位に位置するチームは、自分達を客観的に見た時に、この動きはかっこいいのか、魅せたい演技に合っているのかどうか、ひたすらに追求しているチームだと思います。何度も映像を撮って確認し、体の向き・腕の角度・足の開き具合・移動の軌道・人との距離感・動きの微妙な違いなど、メンバーで話し合い本当に細かい所まで研究に研究を重ねて来たことが、演技を見ただけでも伝わってきます。そうした細かい研究をし尽くしたチームはやはり洗練されていて、衣装・表情・動きなどのクオリティも高く、パフォーマンス全体から表現に対するこだわりと自信が感じられ、それが結果的に得点につながっていくのだと感じました。
自分達のチームはそうした追求ができていたかどうか振り返ってみた時に、練習段階からの課題が見つかってくるのではないかと思います!

また、総評でも少し話したのですが、今大会において各チームの持つ独自のカラーや、表現の幅がもっとあってもいいのかなというのは感じました。ダブルダッチは、曲・衣装・動き全てにおいて自由度の高いものだと思います。「よくあるデモ」に留まることなく、自分たち独自のものを持てたら、今よりさらに強くなれるのではないかと思います!
 
DAISUKE(J-TRAP.)【 構成力 】
選手の皆さんお疲れ様でした!Next Heroes Eastとはガラッと雰囲気が変わり、緊張感がすごかったです。

今回、全チームを見た感想ですが、ズバ抜けて優勝!!というチームがいなかったなという印象でした、、、。
上位のチームの順位がもし違っていても納得がいくというか、インパクトのあるチームが少なかったなと思いました。

今回【構成力】で高得点を付けたチームは
一般部門・・・「108MACHINE GUN」、「Call me a DIVA」、「Magic Eight.88」
OPEN部門・・・「孔雀」、「吼凰華」、「極」、「D-fawkes」、「GREIF」、「King DAT」、「ALDEN」
に高得点を付けさせて頂きました。

中でも「極」のパフォーマンスには驚かされました。あれだけ最初から最後まで見ている人を釘付けにしたチームは今までいなかったのではないでしょうか。ただもう少し「ダブルダッチ」をして欲しかったのが本音です。しっかりダブルダッチされたらもっと高得点を付けていたと思います。

総評の時にも言いましたが、技をただ入れるだけ、ただ繋ぐだけといったチームがかなり多かったです。
ただリリースしただけだったり、アクロもただの1抜けの連続だったり、見ていて凄くつまらなかったです。
高得点を付けたチームはその技にさらに別の技を加えたり、音にハメたり、他の人を上手く使ったりとしっかり工夫されていました。

また、全体的にミスが凄く目立っていました。ミスが分かりやすい競技なだけにミスが連発してしまうと見ていて凄くガッカリします。後半の大事な見せ場でミスをしてしまい、勿体ないなと思うチームがかなりいました。構成においてデモの後半は凄く重要な所であり、かなり評価が左右されると思います。ミスしてしまうとやはり高い評価は付けてあげられなかったです。

最後にNext Heroes Eastの時にも言いましたが、ステージの前でやるチームがとても少ないです。今回の会場がとても広いというのもあり、へそを基準にするとかなり後ろの方でやる事になっていたと思います。見ていて前のスペースが空いているととても気になりますし、勿体ないなと感じました。

JAPANに残った皆さん、まだ通過点なのでJAPANでさらにいいパフォーマンスが見れることを楽しみにしてます!
 
TAISUKE(Waffle)【オリジナル】
EASTは毎回レベルが高く、今回も見応えのあるパフォーマンスが多かったです。
今回私は「オリジナリティ」を担当させて頂きました。複雑なロープトリック、アクロバットや縄の通し方はかなりの数のチームが実践されておりレベルが底上げされている印象でした。

その中でも
・現段階のレベルから更にもう一工夫されている。
・パフォーマンスのコンセプトが明確にされておりチーム及び個人の色や個性が光っている。
以上2点が出来ているチームに高得点をつけました。

一般部門の高得点チームは「Call me a DIVA」、「Magic Eight.88」、「108MACHINE GUN」です。
「Call me a DIVA」はパフォーマンスのコンセプトが明確に示されている印象でした。全員が同じ方向性を向いており、表情、衣装、動き方に統一感がありました。ミスをしてしまった時も表情1つ変えずパフォーマンスに集中していました。今大会で1番チームの色が出ていたチームだと思います。

OPEN部門の高得点チームは「吼凰華」、「GREIF」、「King DAT」、「ALDEN」、「極」、「孔雀」です。
ダンスの構成や魅せ方、アクロバットの組み合わせ技を含め、次から次へと新たなムーブが行われおり高得点に繋がりました。
「極」に関しては「Call me a DIVA」同様、パフォーマンスのコンセプトが明確に示されている点を評価しました。他のチームと違うのはコンセプトに沿って3分間ずっと意識して動いていたことです。オープニングやエンディングのみ意識しているチームは多かったのですが、全て意識しているチームは少なかったです。

今日のダブルダッチはただ普通の技をやるだけでは大会では勝てない時代になってきました。どのチームもよりハイリスクな技を入れているので、ミスがどうしても増えてしまうのかなぁと思います。日本のダブルダッチが更にレベルアップするためにはハイリスクな技を簡単にミスなく決めれるようになるのが課題だと思います。
パフォーマンスを作るにあたり、自分たちが大会で勝つためにはどのくらいのレベルの技を入れるべきか、どのくらい練習すれば良いのか、しっかりチームで話し合いコミュニケーションをとって大会に臨んでください!!
 
KANEKO(ZIXA)【 完成度 】
Double Dutch Delight East 2018、ご来場頂いた皆さま、選手の皆さま、スタッフの皆さま、本当にお疲れ様でした。今年は例年以上に、上位チームは混戦模様だったなと思います。JAPAN出場が決まったチームは、暑さが続いていますが、怪我や熱中症の無いように今後の練習に取り組んで行ってください。

今年は「完成度」の審査員を務めさせて頂きました。
少し長くなりますが、当日お話し出来なかったことも含めて、感じたことを「僕個人の意見」としてお伝えしますので、少々お付き合いください。

「何故Double Dutch Delightは、ミスが多いのか?」
選手時代も含めて、このイベントに携わるようになって、早10年経つのですが、記憶にある限り、ほぼ100%の確率で「ミスが多い」という全体講評が審査員の口から出てきています。
僕も選手だった時は、「そんなの分かってるよ」くらいにしか思っていなかったんですが、冷静に考えてみると、「ノーミスは大前提」なんてダブルダッチ始めて1週間くらいの人でも分かるくらいに明らかな論点が毎年指摘され続けるって、どう考えてもおかしいと思うんですよね。何故こんなことが起きてしまうんでしょうか?

壮大なフリ方をしていますが、答えは一つです。
それは、大半の大学生が思っている「デライトで勝つデモ」のイメージが間違っているということです。
偉そうな口ぶりだというのは100も承知ですが、自分も大学時代はその1人でしたし、何よりも、「平均5ミス以上」が毎年続くのはどう考えてもおかしいはずなんです。

僕がダッチを始めた時、先輩に言われて、それなりのところまでは勝てるようになってから、真意が分かった教えがひとつあります。それが、当日もお話しした、「自分の実力の70%で出来ることしかデモに入れるな」ということです。

これは決して「手を抜け」と言っているわけでは有りません。言いたいことは、「実力の70%で出来ることしか、本番の舞台で、人に見せられるクオリティで実現出来ない」ということです。もはや「心がけ」と言うより「制約条件」と考えた方が良いかもしれません。

では、実力の70%で勝つためにはどうすればいいのか。アプローチはざっくり下記に分けられると思います。
①70%の実力を、技の組み合わせや見せ方の演出で100%やそれ以上に見せる。
 →実力の70%の条件下でオリジナリティ、構成力、表現力を磨く
②チーム・個人のスキルを磨いて、今100%やそれ以上でやっていることを70%で出来るようになる
 →実力の70%を底上げするために技術力を磨く。

①・②の観点から、今回のDDDEでは、一般部門で「Call me a DIVA」「108MACHINE GUN」、オープン部門で「GREIF」「極」などのチームに高得点を付けました。
また、練習量と試行錯誤の賜物だと思いますが、「見せる内容をしっかり実力内に収める」作りをしていた点で、乱縄のチームは総じて頭一つ抜けているように感じました。これまでの自分達自身や先輩達の失敗を糧にプランニングしている感じがとても好印象でした。

ダブルダッチを始めて10年。たった10年かもしれませんが、ずっとシーンを見ていてひとつ気付いたことがあります。
それは「ダブルダッチに奇跡は起こらない」ということ。
「練習で通らなかった技が通って勝つ」なんてことは起こらず、いつも勝つのは、緻密に、地道に準備を積み重ねてきた、勝つべくして勝つチームです。
何故ならダブルダッチは繊細なチームスポーツだから。

まあ正直言うと、ここまで書いたようなことは、何年か続けていれば分かることだと思います。
当たり前のこと書いてるなと思ったOBの人達、すみません。

でもやっぱり、大学4年間って短いし、貴重な時間だと思います。
懐古主義だと思われるかもしれませんが、僕は「大学3年生でJAPAN」が当たり前だった時代がまた戻って来ればいいなあと切に願っています。
2018年 7月 2日(月)17:00 ~ 7月13日(金)17:00
2018年 7月 5日(木)17:00 ~ 7月13日(金)17:00
エントリー受け付け終了致しました。
12:00 開場
13:00 開演
13:25 一般部門
14:55 休憩
15:10 2部 OPEN部門
16:25 休憩
16:40 3部 OPEN部門
17:55 休憩
18:10 4部 OPEN部門
19:20 GUEST SHOW
19:30 休憩
19:45 結果発表
20:15 終演

2018年 7月 2日(月)10:00 ~ 8月 10日(金)15:00まで
大人 前売り券 ¥2,500 当日券 ¥3,000
小人 前売り券 ¥2,000 当日券 ¥2,500

たくさんのお申込みいただき、誠にありがとうございます。
当日券の販売は、予定通り大会当日に会場入り口にて販売させていただきますが、販売開始時間に関しましては調整中でございますので、改めて大会オフィシャルホームページにて発表させていただきます。
恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
カルッツかわさき
〒210-0011
神奈川県川崎市
川崎区富士見1丁目1−4
TEL : 044-222-5211
アクセス
KO-YA(REGSTYLE)
・2015年 超DACE@HERO GRAND FINAL 優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN FINAL 2017 優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH CONTEST SHANGHAI 2017 優勝
・2017年 2018年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 優勝(2連覇)
DAISUKE(J-TRAP.)
・2011年 Double Dutch Contest World 2011 スピード部門 3位
・2014年 DOUBLE DUTCH CONTEST SHANGHAI 2017 パフォーマンス部門 特別賞 / スピード部門 1位
・2017年 DOUBLE DUTCH CONTEST JAPAN 2017 パフォーマンス部門2位
・2017〜2018年 Wintergarten (ドイツ)にて8ヶ月間ディナーショーに出演
MAYU(Mrs.DOUBLE DUTCH)
・2005年 NDDL「Holiday Classic」優勝
・2010年 DOUBLE DUTCH CONTEST BELGIUM 2010 準優勝
・2017年 Double Dutch Delight East 2017一般部門 優勝
・2017年 Double Dutch Delight Japan2017 一般部門 優勝
・2018年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2018 出場
TAISUKE(Waffle)
・2010年 NDDL「Holiday Classic」優勝
・2012年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2012 優勝
・2014年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2014 優勝
・2016年 DOUBLE DUTCH DELIGHT JAPAN 2016 一般部門優勝
・2017年 DOUBLE DUTCH ONE'S 2016-2017 FINALIST
KANEKO(ZIXA)
・2011年 Double Dutch Delight Japan 2011  4位
・2015年 WORLD JUMP ROPE CHAMPIONSHIP 男子オープン部門総合優勝
・2016年 DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2016 第3位
・2018年 THE罵倒2017 GRANDCHAMPIONSHIP出場
・JUDGE : DDD(East,North)2016~17,DDCJ2017,WJR2017 他
MC FAther(ZERO DD&GA)

今なおプレイヤーとしても活躍するMC FAtherが今年もDouble Dutch Delightに登場!!まさにFatherのごとく、優しさあふれるトークで会場を包み込む。かつて自身も戦ったステージへ出演者たちを後押しする。

■R.E.C
BATTLE OF THE YEAR JAPAN 2018にてBEST4という結果を残し、BBOY界•DOUBLEDUTCH界共に激震を走らせたR.E.CがDDDEast・DDDNorthのGUEST SHOWとして出演決定!‼
新たなシーンを創造し続ける彼らを見逃すな!

BBOY DOUBLE U / Dead Stock
BBOY KOHEI / Dead Stock
BBOY Y-hi / Dead Stock
KO-YA / REGSTYLE
TMY / WhoisRespected
KEITA NAKAMURA / REGSTYLE,WhoisRespected